大相撲は4日目のを終わって横綱稀勢の里は2勝2敗と厳しい土俵となりました。

大相撲は4日目のを終わって横綱稀勢の里は2勝2敗と厳しい土俵となりました。なかなか力を発揮できないような態勢が続いています。初日の玉鷲戦と4日目の貴景勝戦、敗れた相手はいずれも押し相撲と足腰の踏ん張りがきかないような感じです。立ち合いも恐らくよくないと思います。踏み込んでから右の押っつけで相手を浮かすような形勢に持っていけない感じがします。今の稀勢の里の状況を見ていると昔の大乃国とだぶって見えます。大乃国も将来を期待されていましたが、優勝4回と今ひとつでした。全盛期は千代の富士をも圧倒する力を持っていましたが、序盤でよく連敗をすることがありました。特に板井や琴ケ梅といった押し相撲力士に成すすべなく破れるシーンを見ました。稀勢の里も白鵬を圧倒することもありますが、序盤で平幕に破れ優勝を逃す土俵人生を歩んでいます。今場所も早くも白鵬と2つ星の差がつきました。まずは勝ち越しが目標となると思いますが、横綱に駆け上がった時の馬力を見せて欲しいものです。

大相撲は4日目のを終わって横綱稀勢の里は2勝2敗と厳しい土俵となりました。