あたしはテレビジョン遊戯がないと生きられない程大好きです

あたしはテレビゲームが大好きです。幼い頃から夢中になり、今でも瞬間が空いたり日頃の疲れの癒しを待ち焦がれる時はたえずテレビゲームをしています。
ようやくプレイしたテレビゲームは、ランク名家族コンピューターで温厚はスーパーマリオブラザーズだ。知らない人はいないと思います。その頃の情熱は今でも鮮明に覚えていて、今でも思い出して浸っている。腕に握ったコントローラーでディスプレイ上のマリオを握る体感は損害でした。
その後もテレビゲームをしながら、日々あかす日毎。気付けば、購入したゲーム機会は10ランク以上になっていました。中には手の平でプレイできる配送望める方法も含まれています。
昔の画質、ゲームのクォリティーを現在のゲーム機会と比べるとはるかに進展をやるなと感じます。白黒が色合いになったり、2Dが3Dになったりとさっぱり本物の人物を操って試合してる過ちにまで達するくらいだ。始終進化し積み重ねる視点を楽しんでいます。
これからもあたしが生きている以上は、テレビゲームと共に年月を過ごしたいだ。

あたしはテレビジョン遊戯がないと生きられない程大好きです

姉と一緒に小倉までコナンカフェに行ってきました

金曜日の夕刻、必要も明日はお休日という結果ルンルン気分で、姉とレンタルしてきた「名探偵コナン」を観ていたのですが、最新の劇場編を観た事もあり思いのほかハマってしまい、本日、小倉でコナン喫茶店をやることを知っていたので、「明日心がける?」といきなり決まり、翌朝一番の新幹線で小倉まで行きました。7うち過ぎに到着すると、目的のコナン喫茶店は駅舎のコンコース一環の喫茶店で併設してやってあり、私たちのようにコナン喫茶店狙いで来たであろう奥様2人間組み立てと私たち以外は、モーニングを食べに来たサラリーマンに混じりの訪問で、幾らか恥ずかしかっただ。でもここはどうにか来たので、構成を食べ尽くそうと決めていたので、劇中に出てくる「カレー」「サンドイッチ」「チーズ甘味」を自分は要請しました。姉は「サンドイッチ」と「カプチーノ」を注文したのですが、姉のカプチーノの絵柄が私の好きな手法だった結果、即効で写メを撮らせてもらいました。1期間半ほど宿泊しましたが、興味深い時期をやり過ごすことが出来ました。機会があれば、また行ってみたいと思っています。

姉と一緒に小倉までコナンカフェに行ってきました